Home > 2011年06月

2011年06月 Archive

LAN 接続によるプリンタの共有化

  • Posted by: Penさん
  • 2011-06-30 Thu 11:51:42
  • pc
自分のメモによると2002年頃に、すでにプリントサーバーを活用したプリンタのLAN接続は
実施した経緯があるのだが、その頃は PC ⇒ プリンタ への単方向通信しか不可能でした。
従って、プリンタ側が機能アップして「紙詰まり」「インク切れ」などの情報を出すような
時代になっても活用できませんでした。

数年前からは
・廉価版のプリンタの接続が すべて USBタイプに切り替わっていった
・旧来の D-SUB コネクタ専用のプリントサーバーが使用できなくなってしまった

そのため、LANとは別に USBケーブル網を作り、USB自動切替器を用いて複数のパソコンから
一応自由に1台のプリンタを使えるようにして運用してきました。

これはこれで日常的には問題なかったのですが・・今回パソコンを別の部屋に設置する状況
になったことから、別室のプリンタを稼働させる手段として宅内の LAN を使う考えが復活した次第。

さっそくNET の通販にて、手頃な「LPV3-U2S」(BUFFALO)を購入しました。
そして専用の「LPV3ダイレクト接続マネージャ」というユーティリティソフトを、各 PCから
立ち上げて簡単な設定をした結果、新たなローカルアドレスがセットされて簡単に共通の
LANプリンタが出現しました。
ここで注目したいのは
・プリンタが LAN 上の構成品でありながら、各PC のLOCALプリンタとして扱われていること
・プリンタとパソコンが双方向通信になっていること
であり、今後便利に活用していけると思っています。


ーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、いまどき珍しくもないプリントサーバーの活用を、なぜこの記事に書いたかというと・・
所有しているパソコンのバージョンによって、サーバーの設定や運用の際に若干の注意事項が
あるからです。

その1:
このプリントサーバーのユーティリティソフトは「管理者ユーザー」に限定されています。
そのため windows XP 機のホームエディションの場合も、Administrator権限のユーザとして
インストールと設定が必要となります。
さらにインストール後に「制限ユーザー」が使う場合には、windows ログイン時点にて警報表示
が出ます。OK釦を押して表示される「LPV3ダイレクト接続マネージャ」画面で「プリントサーバー検索」
を行なえば、正常に LAN 接続されて運用できます。

その2:
VISTA機の場合、ユーティリティソフトが入っている CD-ROM が全く反応しませんでした。
その原因をいろいろ調べていくと、どうも購入した商品に添付された CD は windows XPの初期の頃
SP-1 の当時の PCで作成されたようでした。
その当時の CD はVISTA 以降では認識しないという情報がありました。
幸い、最近は WEB から商品のドライバーやユーティリティソフトはダウンロードできますので、
今回も添付 CD を使わなくてもインストールして活用することができた次第です。

尚、VISTA以降では、管理者権限を有さないユーザーであっても、特定のソフトの起動に対しては、
管理者権限が許容できる仕組みがあるので、XP ホームエディションのような手間は不要となります。


何れにしろ、プリンタへの USB ケーブルが不要となったので、各ノートパソコンからのケーブルが
1本なくなったことは、気分的にすっきり感があります。










Macrium Reflectデータのベりファイエラー考察

  • Posted by: Penさん
  • 2011-06-28 Tue 13:02:37
  • pc
私の場合従来、パソコン内のデータバックアップと並行して、月に一回の頻度でPC内
システム全体のフルイメージバックアップを実施してきました。
今回 Vista機において、後者のイメージバックアップに疑義が生じたので記してみます。

・データバックアップ : BunBackup によるC、Dドライブのデータ類一式
・フルイメージバックアップ: Macrium Reflectによる 内臓 HDD全体 ⇒ 外付けHDD

どちらでも、バックアップデータから一部のファイル類を抽出して活用する方法での
PC運用状態の復元にはまったく問題なく活用できていました。

一方、内臓 HDDがクラッシュしたようなときに、Windowsを含むHDD全体を復旧するには

1.リカバリーディスクによるWindows再インストール + 膨大なアプリ環境の復元作業
2.定期的なフルイメージバックアップデータを用いたリストア
3.内臓 HDDを定期的にクローンコピーしておいた外付けHDDへの換装

などが考えられます。
第2項や3項の方法でも、バックアップ時点からクラッシュ時点の期間の変化を復元する
手間は必要ですが、第1項によるPC購入状態からのアプリ環境の復元に比べたら
ずっと作業時間が削減されます。

今日、問題として掲げたのは第2項のフルイメージバックアップしたものが、緊急時に
果たして正常なリストアに供されるか?・・・ということなのです。
3か月前、異常を起こしたVISTA機に対して Macrium Reflectで作ったイメージデータから
システム全体のリカバリーを試みたところ、リストアの途中でPCの電源を遮断してしまう
といった最悪の状態が発生したのです。

その際は結局、上記第1項 HDDの交換 ⇒リカバリディスクでのWindows再インストールを
行ない、そのあと1カ月に及ぶアプリケーションの再インストールと設定作業を余儀なく
されました。

「Macrium Refrect」はイメージバックアップソフトとして人気はあるようです。
上記のような事故事例をWEB上に見つけることはできていません。

しかし、バックアップしたイメージデータを 改めてVERIFYしてみると・・・
・XP の場合 ・・・常に VERIFY 正常
・VISTA の場合 ・・頻繁に VERIFYエラーが出る「Data Verification fault」
これでは、少なくとも Vista機で安心してリカバリーに用いることはできません。

この Verifyエラーについては、メーカーのフォーラムでも問題提起されているようです。
そして、その原因が VISTA機が出たころからよく使われる Dual Core にあるようにも
見受けられます。
シングルコアの XP機では現実に正常にVERIFYできていることから真実かもしれませんが・・。

私の場合、「VISTA機ではフルイメージバックアップは実行しない」という結論に達しました。
従って、第3項の「内臓HDDを同容量の外付けHDDへクローンコピーする」の頻度を上げて
おき、緊急の場合は HDD換装するという方法をとっていくつもりです。
(数時間に及ぶクローンコピー作業は夜半に実行することで解決・・笑)

以上に対して、より詳しい知識や別の見解をお持ちの方のコメントがほしいと思っています。



涼しさを楽しむ朝

  • Posted by: Penさん
  • 2011-06-26 Sun 05:11:20
  • 世間話
 
すがすがしい朝
胸を張って
大きく深呼吸・・

空は青くても
まだ柔らかい
陽射し

足元に咲く
つゆ草も
気持ちがよさそうです

今日も一緒に
頑張ろう!

完熟トマトを味わう

  • Posted by: Penさん
  • 2011-06-22 Wed 15:26:00
  • 未分類
やあ
なんて真っ赤な!
すごく重い!
トマトだろう

お日様を十分に
溜め込んで
もう満杯だよ~と
光っている

冷やして
食べたら
うまかった!

サクランボの季節

  • Posted by: Penさん
  • 2011-06-17 Fri 15:41:42
  • 未分類
 

何を照れているの
サクランボの
紅いほっぺ

お日様をうけて
艶々と
光っている

もう少し
見つめてから
たべようかな

真っ白なカラーで目覚める

  • Posted by: Penさん
  • 2011-06-14 Tue 17:37:07
  • 未分類

朝一番に
新聞を取りに
玄関の扉をあけると
真っ先に
目に入るのが
白のカラーです

今年は一段と
大きくなって
次々と新しい花を
咲かせています

今日も元気な一日を!

珊瑚と魚達の楽園_癒し系音楽を聴く

  • Posted by: Penさん
  • 2011-06-11 Sat 15:23:34
  • pc
youtube にはたくさんの動画や音楽がアップロードされています。

ダウンロードした「珊瑚と魚達の楽園」を楽しんでみてください。



きれいな海の中に群れてあそぶ魚たちの姿をみていると、結構癒されますね。


一瞬の爽やかさ

  • Posted by: Penさん
  • 2011-06-08 Wed 18:14:47
  • 未分類

 とうとう
今年もやってきた
雨の季節

うっとうしい
季節なのだけど・・

散歩道に
あじさいの花をみつけると

つかの間であっても
すがすがしい
気持ちになりますね




Index of all entries

Home > 2011年06月

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

Return to page top